Shares Hishii Entrance

Map
27-1 Motomachi-Hakodate-Hokkaido
tel. 0138-22-5584
pm 8:00 - am 2:00 ( L.O am 1:30 )
Holiday : Sunday

※日曜以外のお休みカレンダーは info

入荷情報  11/25

■SMWS (シングルモルトウイスキーソサエティ)
        no.30.63 no.38.21 no.R3.2



写真左 ■SMWS .no30.63
(グレンロセス AGE20) 55.8%ALC
カスク リフィルバット/EXシェリー

モカとイチゴクリームが挟まったウェハース。
深い樽香とじっくりシェリー、ポプリが心地よい。

1800yen

写真中央 ■SMWS .no38.21
(キャパドニック AGE17) 58.0%ALC
カスク セカンドフィルホグスヘッド

もとはグレングラントの第2蒸留所として設立され惜しくも
2002年に閉鎖された蒸留所。
モルトはすべてシーバースリーガルの原酒として使用されて
いるためオフィシャルのシングルモルトは発売されていない。
(ボトラーズはダンカンテイラーやG&Mから僅かにリリース)

香りは紅茶や絞りたてのレモンピール。
薬草やワインビネガー、程よい余韻。

1600yen

写真右 ■SMWS .R3.2
(ロックレイ バルバドス AGE9) 75.4%ALC
カスク リフィルホグスヘッド

SMWSのラムは初めての入荷。
シングルカスクラムなのでいわゆる151PROOFの
ロンリコやレモンハートと同じく強烈なALC度数ですが、
ノートは米菓子、アンズ飴や黄桃などのフルーティーな
香り。多少オイリーでフレンチトーストの香ばしさや
ミルキーさも感じられる。

1200yen

 

入荷情報   11/8

今日は
お客様からのリクエストによって
入荷した2本のご紹介です。

  

■ヘンリーマッケンナ / 40%alc.

1839年
ひとりの青年が故郷アイルランドから
ケンタッキーに辿り着き、
蒸溜所で働いていた時の経験をいかし
作られたバーボン。
ほとんどの行程がハンドメイドで
当時は一日一樽にも満たない量。
深いコク、
熟成感溢れたその風味は人々の評判になり、
手に入りづらいこともあってか、
いつしか『幻のバーボン』と呼ばれるように。


                              800yen

 

 

■デュワーズ 12年  /  40%alc.

1891年
スコットランド生まれの鋼鉄王
「アンドリュー・カーネギー」が、
時のアメリカ大統領
「ベンジャミン・ハリソン」に
樽入りの「デュアーズ」をプレゼントし
話題となりました。
これをきっかけに
アメリカで人気no.1と言われています。

40種類のモルトウイスキーとグレーンウイスキーを
ブレンドしたウイスキーで
スパイジーでありながらマイルドな味わいは
ブレンデッド・スコッチの
典型とまでいわれています。


                              700yen

 

入荷情報 11/2

シグナトリー・カスクストレングスシリーズ
   ラフロイグ(1990) 18年 / 55.8%alc.

エジンバラ・ホテル勤務中に
モルトウイスキーの魅力にとりつかれた
アンドリュー・シミントンが兄弟で設立した
会社「シグナトリー・ヴィンテージスコッチ
ウイスキー社」からのラフロイグ。

バーボン樽熟成。
ピートの煙たさの後に果実香…レモンピール
飲み口は、
甘く、刺激の少ない優しいふくよかさ。
                                            1500yen


                              

ジョージアムーン・コーンウイスキー
                                 /40%alc.

わずか熟成30日以内!
というコーンウイスキー。
…というかほぼニューポット(笑)
ジャム瓶のようなボトルに
「ジョージアムーン」と
密造酒を匂わせるネーミング。
もともと月明かりの中で、
こっそり密造をしていた事が
この名前の由来となっているようです。
ちょっと「もぐり酒場」ででも
飲んでいるような
雰囲気を楽しめるのでは?
                               800yen