Shares Hishii Entrance

Map
27-1 Motomachi-Hakodate-Hokkaido
tel. 0138-22-5584
pm 8:00 - am 2:00 ( L.O am 1:30 )
Holiday : Sunday

※日曜以外のお休みカレンダーは info

シングルモルト入荷情報  7/5

シングルモルト入荷情報

◆アードベック・グルーヴス / alc.46%  ノンチルフィルター

毎年5月~6月にかけて行われる、
世界中のアードベックファンと祝うお祭り
”アードベック・デー”にかけて、
発売されるその年だけの数量限定商品。

今年は”ラヴ&ピート(泥炭)”をテーマにとして、
アードベックらしく型破りなスタイルで
ウイスキーにかける炎のような情熱をたっぷり注ぎ込み、
『アードベック・グルーヴス』を誕生させました。

アードベックならではの粋な世界観を表現し、
木の表面までしっかり跡がつくほど焦げ付かせた
ワイン樽で熟成。
力強さのなかにスモークした様々なスパイスと焚火のような薫り、
アップルとスモークした洋なし、
靄の中に消えていくような味わいが楽しめる
唯一無二のアイラモルトです。

 

Live開催のお知らせ

来たる6月5日

当店内にて地元ミュージシャンによる

Jazz Liveを開催いたします!

・・・・・・ ※定員となりました。ありがとうございます。・・・・・・

詳細はこちら↓





“Hakodate Jazz Cats”   Jazz Live

【Title】Tuesday Songs and Jazz

【日時】6月5日(tue)   Open/19:30  Start/20:00~

【Music Charge】2000円 (1Drink 付)

【場所】Bar Shares hishii

▶Onuma Jazz Fes. 開催きっかけになった函館・札幌JazzManの交流Live「Jazz Cats」開催時に結成されたSugaを中心としたメンバー非固定のAcoustic Jazz Unit。

函館・札幌を股にかけて活躍、道南を代表するJazzman達をLiveの目的に併せて集結。函館の今の熱いJazzを聞かせます。

イベント後半、Mr.Tomyによるマジックタイムも予定しております♪



【Kazuhiro Suga】(Vocal) 函館市出身。ブルース・ロック・R&B等Vocalを経て親の影響で幼少より聞いていたジャズボーカルへ回帰。ジャズスタンダードナンバーの素晴らしさを伝えたく、函館・札幌を中心に道内各地で活動。声楽の基礎を下地に素直でありながらemotionlかつ精確な歌を聞かせる。また、道内道外各地ジャズマンとの交流も厚くOnumaJazzfes.開催・運営の礎としている。

【Emiko tayanagi】(Piano)神奈川県出身。幼少より鍵盤を学び、早稲田大学HighSocietyOrchestra所属ののち、社会人ビックバンドHi-Light Allstarsにてピアノを担当。フリーランスの出版PRコンサルとして活躍後、はこだて未来大学へ教員として赴任。Onuma JazzFes.では辣腕実行委員&Hakodate Jazz Catsの一員として知的なピアノを聴かせている。

【Terunobu Takeda】(woodBass)函館市出身。理論・メロディ感覚等、函館ジャズマン達の師匠的存在。音大卒業後在京時のプロ活動も長く、伝説のFreeJazzUnit「生活向上委員会大管弦楽団」創設メンバーとして活動。同胞のジャズマンとして、小山彰太・寺下誠等々ビッグネームが名を連ねる。

※お席に限りがございます。チケットのご予約は
Tel (0138)22-5584までご連絡ください。


(対応時間帯 20:00~23:00)

 

ゴールデンウィークの営業予定 4/24

2018.04.24 in

営業日のお知らせ

◆ゴールデンウィーク営業予定のお知らせ◆

4/29(日)お休み

4/30(月)営業

5/1(火)~5/5(土)通常営業

5/6(日)お休み

の予定でございます。

皆様のお越しをお待ちしております。



 

厚岸ウイスキー・ニューボーン   3/9

厚岸ウイスキー・ニューボーン入荷しました!

ウイスキー愛好家に特に人気が高いアイラウイスキー。
スコットランドのアイラという島で作られ
独特なスモーキーフレーバーが特徴です。
そのアイラ島とよく似た風土を持つといわれる北海道・厚岸町で
2016年からウイスキー作りが始まっています。

冷涼な気候と清流・湿地・独特な風味を持たせるのに欠かせない
ピート(植物が炭化してできた泥炭)の自生など、
ウイスキー作りには大変恵まれた環境。
国内外から早くも注目されており、
木樽で3年以上熟成させなければウイスキーというカテゴリーに入りませんが
「熟成途中の原酒も味わってみたい」という声に応え、
ウイスキーになる一歩手前のシングルモルトスピリッツ
「ニューボーン」がリリースされました。

半年ごとに違うタイプが発売されるそうですが、
第一弾はスモーキーではない「ノンピート麦芽」タイプ。
生まれたばかりの蒸留所ならではの、
「ウイスキーが育っていく過程」を楽しむことができます。
ニッカ余市蒸留所同様、厚岸は北海道民にとって特別な場所になっていきそうですね。

限定リリースのためハーフショットでのご提供です。